イタロでマテーラに行かれた方からの情報です

サレルノ駅_イタロバス

1〜2月にかけて、イタロ(Italo)を使ってマテーラにご旅行されたNさんからの情報です。

マテーラに国鉄の駅はないので、サレルノ駅まで国鉄で行き、そこでバスに乗り換えます。

イタロのバス停は、サレルノ駅前のロータリーにあります。目印の看板が立っています(上の写真)。

バスは大型で、イタロの列車と同じ赤い色、車体にはItaloと大きく描かれているのですぐにわかります。

イタロのバスは黒いフィルムを貼っていて外がよく見えないので、バス停が確認できませんが、運転手さんにマテーラで下車するということを伝えておくと、到着したら知らせてくれます。

イタロ_バス イタロ_バス

 

マテーラのバスの発着場所は、FALのマテーラ中央駅がある広場です。

ここにもサレルノ駅前と同じくイタロの看板が立っています。

イタロ バス停留所 マテーラ

 

Nさんは往復イタロを使われたそうなのですが、帰りのバスがサレルノまで1時間くらいのところで停まってエンジンがかからなくなり、代替バスを待ってサレルノまで行かれたそうです。

その時の運転手と、特に乗り合わせた他の乗客の女性がとても親切だったそうです。

サレルノで接続する予定の列車に乗ることはできませんでしたが、サレルノ駅に着くとイタロのスタッフがバスまで迎えに来てくれていて(サレルノ駅の中にイタロのチケットオフィスのようなところがありました)、謝って、チケットの再発行をして、乗り場やホームの案内、乗り換えまでの時間の潰し方(レストランやカフェの場所)まで考えて教えてくれました。

その時も、一緒にバスに乗っていた女の人がずっと付き添ってフォローしてくれていて本当にありがたかったそうです。

 

Nさんは、青い海と空をのんびり眺めたり、カフェでのんびり過ごしたり、サレルノの町を散策する時間ができてかえって良かったとおっしゃってます^^

サレルノは、アマルフィやポジターノが近くて海がきれいなんですよね〜

イタロのサービスがそんなにいいなら、私も次回マテーラに行くときは使ってみたいと思います。

 

 

ちなみに、マテーラもとても良かったそうです^.~(→マテーラへの行き方

 

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

マテーラのオリーブ畑

オリーブ生産農家のご紹介

Lucania(ルカニア)のオリーブオイルは、全て南イタリアバジリカータ州にある オリーブ農園で生産されているシングルエステート(単一農園)…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る