オリーブの開花、その後

オリーブの花が散った後

オリーブの最初の開花から10日が経ちました。

月曜日の雨で、オリーブの花はほとんど落ちてしまいました…


幸い、一番早く咲いたペンドリーノや、それに続いたコロネイキ、ネバディロブランコなどには雨の影響はなかったようです。

開花から7〜10日経った現在のコロネイキの状況がこれです。

オリーブの花が散った後

小さな小さな実のようなものができています^^/

しかし、まぁこれが全部大きくなるわけではないんです。
過去5年くらいの経験では、ほとんどがこのままの状態で、この中からたま〜に大きくなるものがある。くらいの感じです。
花の数が多いし、こんなもんなのかもしれませんが。


咲くのが遅かった、チプレッシーノ、フラントイオ、ルッカには目立った変化はまだなく、今は、ただ花が落ちた、というような状態です。
(まだ若いアスコラーナとタッジャスカは花は咲きませんでした。再来年くらいには咲くかなぁ〜)

オリーブは自家受粉しにくい、つまり種類の違う木を一緒に育てないと実がなりにくい、という性質があるので、今年は初めていくつか種類の違うオリーブを一堂に会させた(?)ので、受粉がうまくいったら、実はたくさんなるはずと期待しているのですが、2度雨に見舞われたので、さあどうなることやら……


バジリカータのディベンガ農家からオリーブの木の写真が昨日送られてきました。
開花はこれからのようです。

ディベンガ農園のオリーブのつぼみ

 

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

ポドリカ牛の放牧

2017.8.15

ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その2

「ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その1」の続きです。ぶどう畑ラチェルトーザさんのオリーブ畑には、端の方にぶどう畑もあります。大きな畑に思え…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

マテーラマップ(時々更新してます)

マテーラ地図

◇ グーグルマップに移動します

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る