オリーブオイル生産農家 ディベンガ農園のご紹介

ディベンガ農園 ルイージさんと孫のノエミちゃん

ディベンガ農園は、バジリカータ州ポテンツァ県、カンパーニア州とプーリア州との州境にある、ラポッラという 人口約4500人の小さな村にあります。
上の写真はディベンガ家の主のルイージさんと孫のノエミちゃんです!

ラッポラ村

ラポッラ村について

ラポッラ村は、標高1327mのヴルトゥレ休火山のふもとの 丘に広がる集落のうちの1つです。 ヴルトゥレ山は、後期更新世(12万6千年~1万1700年前) まで活動した火山で、現在その斜面は、火山岩によってできた 肥沃な大地の恩恵で、全体が大量の草木に覆われています。
ラポッラはワインの生産で有名なところですが、オリーブオイルの 町とも呼ばれ、オリーブオイルの生産がとても盛んな村です。
写真はラッポラ村に広がるオリーブ畑です。標高は400〜500mです。

ディベンガ農家のオリーブオイルへのこだわり

オリーブオイルの生産が盛んなラポッラ村には、とても大きな規模のオリーブオイルの搾油所があります。
ほとんどのオリーブ農家は、そこでオリーブの実を搾ってオイルにしたり、またはその搾油所にオリーブの実を売っています。搾油所は、買い集めたオリーブの実を搾ってオイルにして売ります。

ディベンガ農家のオリーブ畑 代々オリーブを育てているディベンガ家の今の主のルイージさんは、大規模搾油所の少々工業的な仕事の仕方よりも、手仕事の方を好むのですが、ラポッラには残念なことに小規模の搾油所がありません。良い搾油所でオイルにしたいと思っても、車で遠くまで行かなくてはならず、それは手間がかかるというだけでなく、オリーブにとってもあまり良いことではありません。なぜなら、オリーブの実は枝から離れるとすぐに酸化を始めるので、その酸化の速度を遅くするため、なるべく早くオイルにしてしまった方がいいからです。 ディベンガ農園では困ったあげく…

自家用の搾油所を作ってしまった。。。

ディベンガ自家用の搾油所 ディベンガ農園の当主のルイージさんは困ったあげくになんと、自家用の搾油所を作ってしまいました。
自宅の倉庫を改造して作った、自分たちのオリーブのためだけの、小さな小さな搾油所です。
有機栽培した大切なオリーブの実を、丁寧な仕事で、それも伝統的な昔のやり方でオイルにします。
現代的か伝統的か、どちらが良いかは意見の分かれる所ですが、今も伝統的圧搾法にこだわる農家もあり、ディベンガ農家では伝統的な搾油法が美味しいオリーブオイルを作ることができると考えています。
現在、大部分のオリーブオイルは、現代的な遠心分離機による連続法で搾油されています。
昔ながらの搾油法である伝統的圧搾法というのも残っていますが、とにかく手間がかかって、人手が多く必要になるので、数はそう多くないようです。

スペインのある伝統的圧搾法でオリーブオイルを作っている搾油所で、12人の作業員で作られるオリーブオイルの約30倍の量を、遠心分離機による連続法を使う搾油所では、作業員2人で作ることができるそうです。

ディベンガ農家では丁寧な仕事で、オリーブの栽培、収穫、搾油、ビン詰め、出荷、すべてを一貫して自分たちだけで行っています。
今はルイージさんと奥さん、2人の息子さん、そしてその家族皆で仕事をしています。

EU有機認証も受けた搾油所

オリーブオイルがEU有機認証を受けるには、有機で栽培することは当然ですが、搾油も有機の搾油所としてEU有機認証を受けたところで行わなければなりません。ディベンガ農園の小さな自家用の搾油所は、EU有機認証も受けています。
ディベンガ農園は、有機栽培のオリーブの実から丁寧な仕事で伝統的な昔ながらの搾油法でオリーブオイルを作る数少ない有機(オーガニック)オリーブ農園です。

歴史のある美しいディベンガのオリーブ園の木

ディベンガ農家のオリーブ

歴史のある樹齢を重ねたオリーブの木

ディベンガ農家のオリーブ園は何カ所かに分かれてあります。 そのうちのひとつ、一番歴史のある所のオリーブの木は樹齢を重ねたものが多く、私が今まで見た中で最も美しいオリーブ園の一つでした。
左の写真のオリーブの木は、ディベンガ農家で一番有名なオリーブの木です。
幹が曲がりながら伸びて行って、元の幹の所に戻って来て、そこで直角に曲がって上に伸びてます。
イタリアの国営放送のRAIが、オーガニックのオリーブオイルをTV番組で紹介した時に、ディベンガ農家が取り上げられたことがありましたが、その時にこの木も番組に登場していました。
他にも曲がった枝が美しい形を作るオリーブの木がたくさんあります。
そんな歴史のあるオリーブの木も含め、約3000本から取れる実から搾油されるオリーブオイルがディベンガ農園産のオリーブオイルです。
今は隣接するオリーブの林を少しずつ買い足して行っています。

有機栽培(オーガニック栽培)のオリーブを育てる為に

オーガニック栽培の工夫 ディベンガ農園のオリーブは、すべて有機農法で栽培しています。 灌漑(※1)も行わず、水は降雨のみで栽培されています。
左の写真の黄色いプラスティックの板には、強力糊と虫を誘因するホルモン剤が付いています。
有機栽培(オーガニック栽培)だけでなく、栽培には、オリーブを搾った時にでる水分を、肥料として畑に撒くこだわり!。
下の写真の1の車のわだちに見える水がそれです。
有機栽培(オーガニック栽培)で育てる為に、地面から登って来る虫を捕まえるための②の部分に白い綿のようなものが幹に巻かれています。
(※1)灌漑(かんがい)とは農地に外部から人工的に水を供給することです。 有機栽培の為に


自家用の搾油所にお邪魔しました♪

ディベンガのお出迎えシングルエステートであることを証明するためっ?!オリーブ畑と、ディベンガ家の住まいの下に作られた搾油所にお邪魔しました。
迎えてくれたのはこの犬です。体の大きい犬ですが人懐っこくて、遊んでほしくてしょうがないらしく、人のあとについて回って離れません。最後はここのお母さんに「あっち行ってなさい♪」ってほうきでたたかれてました^^;

オリーブの収穫 手摘み用道具

1.オリーブの収穫

収穫は10月頃~12月頃にかけて行われます。
収穫方法は、収穫の機械を使うかまたは手摘みでオリーブの実を丁寧に 収穫します。
手摘みの時は左記画像の熊手のようなものを使います。
ディベンガ農園のオリーブの木には幹を挟んで木を揺らし地面に実を 落とすという方法は不向きだそうです。

ディベンガ農園の自家用搾油所

2.オリーブの伝統的圧縮法での搾油

フィスコーリと呼ばれる合成繊維でできた円形のマット(直径80cm~ 1m位)に1枚当たり5~6kgのオリーブペーストをひろげて置き(厚さ 3cmくらい)、それを何枚も積み重ね、垂直方向に圧力をかけます。
ペーストに含まれる油と水がフィルターの網の目を通って流れ出すの で、その液体を集めます。
集めた液体を遠心分離機にかけて、圧搾してできたオリーブの果汁を オイルと植物性水分とに分けてオイルを保存します。

オリーブのビン詰め

3.オリーブオイルのビン(缶)詰めと出荷

搾油してから、オリーブオイルの酸化を防ぐ為、ステンレス製の樽で 保管し1本1本ビン(缶)詰を行います。
オリーブオイルの搾油の ロット毎に必ずサンプルを保管して、品質管理を徹底し オリーブオイルの出荷を行います。

伝統的圧縮法をもっと詳しく見る⇒


ディベンガ農園の写真集

バジリカータ州ポテンツァ県、カンパーニア州とプーリア州の州境にある、ラポッラ村のオリーブ農家ディベンガ農園の様々な風景をお楽しみください!
※クリックすると大きな画像が見れます。

オリーブの実ディベンガ夫妻オリーブ畑から見える正面はモンテヴルトゥレ休火山
搾りたてのエキストラオリーブオイルフィスコーリにオリーブのペーストをのせて積み上げますオリーブの伝統的圧搾法 泡のように見えるのがオリーブオイル
オリーブの実の収穫ディベンガのオリーブ畑オリーブの搾りかす(サンサ) これがオリーブオイルの精製工場へ売られて…

今後、農園の様々な画像をUPする予定ですっ!


エキストラバージン・オリーブオイル「ディベンガ」EU有機認証

デリケートな風味で、若いオリーブの実のフレッシュな香り、軽い苦みと爽やかな辛味(スパイシーさ)が感じられます。離乳食作りや、小さなお子さまのお食事にもお勧めします。安心のシングルエステート(単一農家)のEU有機認証エキストラバージンオリーブオイル「ディベンガ」のご紹介です。
EXVオリーブオイル ディベンガ
【商品名称】 エキストラバージン・オリーブオイル 「ディベンガ」EU有機認証
【名  称】 食用オリーブ油
【原材料名】 エキストラバージン・オリーブオイル
【内 容 量】 100ml 250ml 500ml 750ml 5000ml
【賞味期限】 2017年8月
【保存方法】 冷暗所にて保存して下さい
【原産国名】 イタリア
【生産者名】 ディベンガ農園 シングルエステート産

ディベンガ農園のオリーブオイルの ご購入はコチラから⇒

【生産地】 イタリア バジリカータ州 ポテンツァ県
【生産方法】 機械もしくは手摘みにより収穫。午前中に収穫し、その日の午後に伝統的圧搾法により搾油
【保存方法 】 18℃以下の場所でステンレスの樽に保存
【オリーブの種類】 オリアローラドルチェ、ペランサーナ
【酸度】 0.3 最後にディベンガ農園で一番有名なオリーブの木の映像ですっ! 幹が曲がりながら伸びて行って、元の幹の所に戻って来て、そこで直角に曲がって上に伸びてます。


ディベンガ夫妻!息子のクラウディオさん達!本当にいつも美味しいオリーブオイルを有難うございますっ。 EU有機認証エキストラバージンオリーブオイル 「ディベンガ」  


 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 ルカニアで直輸入しているオリーブオイルです
EXVオリーブオイル「ドン・ジョヴァンニ」250ML缶EXVオリーブオイル「ドン ジョヴァンニ」250mlビン入りEXVオリーブオイル「ドン ジョヴァンニ」500ml缶入りEXVオリーブオイル「ヴィリデ」750mlビン入り

ドン・ジョヴァンニ
250ML
1,382円

ドン・ジョヴァンニ
250ML
1,501円

ドン・ジョヴァンニ
500ML
2,484円

ヴィリデ 750ML
3,740円

ラチェルトーザ
750ML
3,061円

搾油所 ラチェルトーザって??

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

ポドリカ牛の放牧

2017.8.15

ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その2

「ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その1」の続きです。ぶどう畑ラチェルトーザさんのオリーブ畑には、端の方にぶどう畑もあります。大きな畑に思え…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

マテーラマップ(時々更新してます)

マテーラ地図

◇ グーグルマップに移動します

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る