オリーブの種類1 ペンドリーノ

pendolino_olive

オイル用の品種。
イタリア、トスカーナで特に多く栽培されている。

ペンドリーノ

樹勢はあまり旺盛ではない。枝ぶりは垂れ下がる。実がつく枝は長くて柔軟で垂れ下がっている。
葉は槍形で細長い。葉の表は濃い緑色、裏は銀鼠色。
実は中ぐらいの大きさ。1.5-2g。
熟すと黒くなり表面が蝋粉で覆われ、小さな皮目がはっきりする。

ペンドリーノ

自家不和合性だが、授粉樹に最適。
耐寒性には乏しく、遅霜にも弱い。
かさ病、黒星病に弱い。クジャクの目病には中ぐらいに弱い。

隔年に実がたくさんなる。含油率は22%。オイルの品質良好。

ペンドリーノ

わが家の、剪定を非常に失敗しているかわいそうなペンドリーノは、今年はたくさん実がなっています。
隔年結実ということは、来年はあまり実がならないということですね。


ペンドリーノ
これは、マテーラのオリーブ農家のペンドリーノ。樹齢は百年を超えていると思います。

 

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

マテーラのオリーブ畑

オリーブ生産農家のご紹介

Lucania(ルカニア)のオリーブオイルは、全て南イタリアバジリカータ州にある オリーブ農園で生産されているシングルエステート(単一農園)…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る