オリーブの木の栽培

オリーブの木の根元

去年の6月下旬に植えたルッカが、葉っぱが枯れて落ちるばかりで、全然元気が出ないまま8ヶ月が経過してしまいました。

植えて1週間後くらいの写真と、今朝撮った写真です ↓

オリーブの木ールッカ

2015年7月

 

オリーブの木ールッカ

2016年3月


元気がない原因を色々と調べたり考えたりしながら対処していますが、なかなか良くなっていきません。


こちらのサイト
によると、葉が枯れる原因として

土の酸性化、水不足、寒波、マグネシウム不足、害虫、蒸れ・根腐れ

が挙げられています。

うちの木の場合、どれが当てはまるかと考えると……

「植え替え直後は落葉しやすく、冬の寒さに当たると葉っぱは落ちる」ということなので、植えてから葉っぱがたくさん落ちたのは自然現象だということでそれはよいとして、むむっ!これはっ!!と思うのは、蒸れ・根腐れです。

オリーブは根が浅く、根で呼吸をしているそうなので、グランドカバーを根元に植えると良くないそうです。

根元には植えてなかったのですが、グランドカバーとして植えているタイムが、さすがハーブと言うべきかどんどん繁殖してきまして、オリーブの根を覆ってたのかもしれません。


上記同じサイト
に、根腐れをしないよう、根元はバークチップで隠す程度にとあったので、タイムをベリベリとめくり(別の場所に移植しました)、更地(?)にし、その上にバークチップを敷きました(その後、よそのねこがバークチップを掻いておしっこをするようになったので、上にねこよけも置くようになりました^^;)。


地植えの場合、真夏を除いて、水やりは不要みたいなのですが、植木屋さんに1年間はたっぷり毎日水やりをするよう言われてたので、去年の初冬くらいまではそうしてました。
水のやり過ぎで、根腐れみたいなことにもなっていたかもしれません。
今年になってからは、ほぼ水やりはしてません。


3月初め頃、少し剪定もしてみました。ほとんど葉っぱが落ちてしまっている下の方の部分だけですが。


植木屋さんには、根付くまで1年かかると言われたので、まだもう少し待ってみないといけないかなとは思ってますが、元気に育ってほしいです!


ちなみに、前からうちにあったチプレッシーノとフラントイオも同じ時に地植えにしてもらいました。

オリーブの木チプレッシーノ

2015年7月

 

オリーブの木チプレッシーノ

2016年3月


こちらはまずまず元気に育ってます。

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

マテーラのオリーブ畑

オリーブ生産農家のご紹介

Lucania(ルカニア)のオリーブオイルは、全て南イタリアバジリカータ州にある オリーブ農園で生産されているシングルエステート(単一農園)…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る