マテーラのレストラン、カフェ、バール&食料品店

マテーラの食

オリーブオイルの買付けのためなどに、年に1、2回マテーラに行っていますが、その時に出かけるマテーラのレストランやバールやカフェ、食料品店をご紹介します。地元の人に教わったおいしいお店ばかりです。マテーラにご旅行される時の参考に少しでもなればうれしいです。
場所は地図で確認してください→Googleマップに移動します

↓ カフェ&バール

Caffe Schiuma (カフェ・スキューマ) 【カフェ&バール】

Caffe Schiuma (カフェ・スキューマ)

マテーラで一番おいしいと言われるケーキ屋(パスティッチェリア)のひとつです。
店の奥はバールになってます。
週末には小さなケーキがショーケース内に溢れ全種類を食べてみたくなります。
朝食のコルネットも何種類もあり、おいしいです。
2011年に2号店がVia del Corsoにオープンしました。サンフランチェスコ広場の近くです。ランチもできます。
【カフェ&バール】

Shibuya (シブヤ)

(via luigi la vista, 20)
Via Ridolaにあるバールです。夜はお酒を飲むバーになります。静かな雰囲気のバーではありません。
夏場は店の前に椅子とテーブルが並び金曜土曜は夜中まで賑やかです。
マスターがモンタルバーノ警部に似てます^^


ティザネリア・ピエトラ・ヴィーヴァ【カフェ&バール】

Tisaneria Pietra Viva(ティザネリア・ピエトラ・ヴィーヴァ)

(via Fiorentini, 48)
サッソ・バリサーノにある、ハーブティーや紅茶のお店です。 手作りのお菓子もおいしいです。
寒い日にここで暖かいお茶を飲むと、ほっとします。

↓ ジェラテリア&切り売りピザ

ivizidegliangeli【ジェラテリア&切り売りピザ】

 

I vizi degli angeli (イ ヴィツィ デリ アンジェリ)

(Via Ridola,36)
おいしいジェラート屋さんです。地元のお菓子のフレーバーのジェラートもあります。

 

 

【ジェラテリア&切り売りピザ】


ジーロトンド ディ ピッツァ Girotondo di Pizza

↓ レストラン

【レストラン】articolo 21 drink_eat

NEWarticolo 21 drink_eat(アルティコロ 21 ドリンク イート)

(via Beccherie 78)  
セディーレ広場の近くにあります。マテーラの地元の料理とバジリカータの美味しいワインが楽しめます。ブログ記事もご覧ください。


Don Matteo(ドン・マッテオ) 【レストラン】

Don Matteo (ドン・マッテオ)

(Via San Biagio, 12)
ヴィットリオ・ヴェネト広場近くのレストラン。 地元の人々によると、2011年現在マテーラで一番おすすめのレストランでした。手の込んだ料理が評判です。ワインもいいそうです。 今は、パラッツォ・ガッティーニという高級ホテルのレストランになってしまいました。お値段も高級です。 ber-u01 OSTERIA PICO(オステリア・ピコ) 【レストラン】

Osteria Pico (オステリア・ピコ)

(Via Fiorentini, 42)
サッソ・バリサーノにあるレストランです。 2012年8月にマテーラに行かれたご夫妻から教えていただきました(写真も)。 「かなりおいしかった」そうです。メニューには、地元特産のパスタ料理などが並んでいます。 ber-u01 RISTORANTE FRANCESCA(リストランテ・フランチェスカ) 【レストラン】

Ristorante Francesca (リストランテ・フランチェスカ)

Vico Bruno Buozzi, 9 (sasso caveosoです)
2010年頃にできた比較的新しいレストランです。 2012/9放送のロケみつという番組で稲垣早希ちゃんが晩ご飯にお肉を食べていたレストランです。 ber-u01 Osteria Malatesta(オステリア・マラテスタ) 【レストラン】

Osteria Malatesta (オステリア・マラテスタ)

(Via San Biagio, 45)
地元の若者が集っているカジュアルなお店です。 若者が集まるカジュアルなお店とあなどるなかれっ! とってもおいしいお店です^^ ber-u01 【レストラン】

A Tavola (ア・ターヴォラ)

(Via Dante, 24)
セルフサービスのレストランです。テイクアウトもできます。昼時に行くと店の外まで列が並んでいますが、それほど待つことはありません。そんなに安くはありませんが、テイクアウトの量は多いです。 ber-u01 【レストラン】

Lucanerie (ルカネリエ)

(Via Santo Stefano)
サッシ方向から行かれた場合、via Santo Stefano を50m程進んだ左側にあります。アンティパストを山ほど食べて、プリモはパスして、セコンドにお肉。ワインも飲んで、ドルチェとコーヒーで締めて2人で65ユーロでした(2009年)。 ber-u01 【レストラン】

Il Cantuccio (イル・カントゥッチョ )

(Via delle Beccherie, 33)
コルソ通りの近くにあります。地元の人の話しでは、味や雰囲気ともに評判も悪くはないとのことですっ! ber-u01

↓ 食料品店&スーパー

Caseificio del Pino(カゼイフィーチョ・デル・ピーノ) 【食料品店】

Caseificio Del Pino (カゼイフィーチョ・デル・ピーノ)

(Via Cappelluti, 70)
ここのチーズはおいしいです。飛行機で日本に持って帰るということを伝えるとそれなりの包装(分厚いビニール袋に入れてくれる)をしてくれます。余談ですが、このお店の前の右ななめ前方にロータリーがあり、その真ん中に大きな背の高い松の木があります。その木ががヒメチョウゲンボウの巣になっているそうです。日本人の旅行者が、そこでその鳥の観察をしている姿も見られるらしいです。 ber-u01 il buongustaio(イル・ブォングスタイオ) 【食料品店】

Il Buongustaio (イル・ブォングスタイオ)

(Via Lucana, 166)(Piazza V.Veneto,1/2)
お惣菜や、チーズ、生ハム、マテーラのパンも買えます。 地元特産高級保存食料品やワインも色々あります。 この写真のお店(Via Lucana, 166)では、お好きなお惣菜を選んで、ランチもできます(←残念ながら閉店し、別の店に変わってしまいました)。  
おいしいものが揃っていますが、全体的に値段は高めです。 ヴィットリオ・ヴェネト広場の店が本店です。 日曜日は休みです。 ber-u01 Terre di lucania (テッレ・ディ・ルカーニア) 【食料品店】

Terre Di Lucania (テッレ・ディ・ルカーニア)

(Via Ridola Domenico, 43 Tel.:+39 0835 312097)
マテーラのものを中心としたバジリカータ特産食品のお店です。マテーラのパン、ジャム、オリーブオイル、オリーブ、オリーブオイル漬け保存食品、パスタ、チーズ、ワイン、チョコレートなどがあります。オーガニックまたは低農薬で生産されている製品が多いです。おみやげの調達にも便利です。※残念ながら2010年3月1日をもって閉店となりました。 ber-u01 【食料品店】

L’Arturo (ラルトゥーロ)

(Piazza del Sedile, 15)
プロシュート、サラミ、チーズ、パンや地元特産の保存できる食品もあります。昼はパニーノ(パニーニは複数形です)を求める学生で賑わいます(すぐ近くに音楽学校があります)。ショーケースの中のチーズや生ハム、サラミなどを選んで、その場でお好みのパニーノを作ってもらいます。夕方になると、ワインやビールなど食前酒を飲みに人々がやって来て、店の前で談笑しています。店の奥にテーブル席があり、そこで軽いおつまみを食べながらワインを飲んだりすることもできます。 ber-u01 【食料品店】

Pane E Pace (パーネ・エ・パーチェ)

(via Cerrerie, 49/E)
マテーラのパン組合に所属する、おいしいパン屋です。地元特産(高級)食品の他、イタリアの他の地域の小さな生産者による特産(高級)食品もあります。 ber-u01 【食料品店】

Delizie Lucane (デリツィエ・ルカーネ)

(Via Lanera, 49 Bis) マテーラは観光地ということもあり、エノテカ(ワイン屋です)はたくさんありますが、ここは地元の人が行く店のようです。値段も観光客向けではないと思います。量り売りのワインも何種類かあります。店の人の愛想はそんなに良くはないかもしれないですが、ちゃんと教えてくれます。(なくなってしまいました。移転したのかどうか不明です)ber-u01 SUPEREMME(スーペレンメ) 【スーパーマーケット】

Superemme (スーペレンメ)

(Via Lucana)
入り口は狭いですが、中は結構大きいです。地元特産の食品やワインなども充実してます。パニフィーチョ・フラテッリ・デ・パーロのパンを売っています。 営業時間は月~金 8:00-14:15 17:00-20:30 土曜日8:00-14:00 17:00-20:30 ※日曜日は休み ber-u01 マテーラへの行き方、サッシ内の新しいホテルや B&Bなどの宿泊場所、おいしい郷土料理が楽しめるレストラン、トラットリア、バール、パン屋、食料品店、おみやげ物屋、近郊へのドライブ、鉄道駅や空港や近郊の町とマテーラ間の移動など、マテーラ旅行についてのご質問がありましたら、わかる範囲でお答え致しますのでお問い合わせ下さい。  ■ お問合せはメールアドレス:info@lucania.jp マテーラのDon Matteo(ドン・マッテオ)

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

マテーラのオリーブ畑

オリーブ生産農家のご紹介

Lucania(ルカニア)のオリーブオイルは、全て南イタリアバジリカータ州にある オリーブ農園で生産されているシングルエステート(単一農園)…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る