マテーラのお菓子 アマレーナのジャム入りパンツェロッティ

アマレーナのジャム入りパンツェロッティ

マテーラはお菓子がおいしいところです。

パンもおいしい。

みな素朴ですが、おいしいです。マテーラ周辺は、良質な小麦の産地なので、やっぱり粉もんはおいしいです。

 

マテーラのお菓子

 

私がマテーラのお菓子で特に好きなのは、日持ちのする焼き菓子です。

マテーラのパンを売っているパン屋さんにもありますし、スーパーでも買えます。

↓ これはパニフィーチョ・ペッローネというパン屋さんのものです。お店の場所は地図で確認してください(グーグルマップに移動します)

マテーラのお菓子

 

マテーラに行くたびに、毎回と言っていいほどお土産に買って帰るのが、アマレーナという種類のさくらんぼのジャム入りのパンツェロッティです。

マテーラのお菓子のレシピ本に作り方が載っていたのでご紹介します。とても簡単です。もうわざわざお土産に買って来なくていいなと思ったくらい簡単です^^;;;

 

 <材料>

小麦粉(薄力粉)200g、砂糖60g、卵1コ、マーガリン40g、ベーキングパウダー3g(小さじ3/4)、リモンチェッロ少々、さくらんぼのジャム100g、粉砂糖(この分量で、7、8cmのものが15コほどできます。)

<作り方>

振るった小麦粉、砂糖、卵、マーガリン、ベーキングパウダー、最後にリモンチェッロを大きめのボールに入れて混ぜ、柔らかくまとまるまで力強くこねます。
生地が均質に滑らかになったら1つにまとめてサランラップで包み、最低30分冷蔵庫で寝かせます。
めん棒で5mmくらいの厚さに伸ばし、コップなどを使って丸型にくり抜きます。くりぬいた生地にジャムをのせて生地を半分に折って包み、端をつまんで押さえます。
180℃のオーブンで10-20分焼きます。生地がふくらんで、きつね色に焼き色がついたら出来上がりです。
焼き上がってから粉砂糖をふりかけます。

 

〔補足〕

レシピにはマーガリンと書かれてましたが、バターでもいいと思います。ちなみにうちではオリーブオイルで作りました。生地は麺台でこねるとレシピにはありましたので、その方がいいのかもしれません。うちでは、フードプロセッサのアタッチメントをパンの羽根に変えて、それでこねました。簡単です^^。ただ、フードプロセッサでは生地はポロポロしたままなので、麺台の上に取り出してまとめました。油脂の量なのですが、40gではなかなか生地がまとまって来ないので、少しずつ増やしていって、最終的に倍の80gを使いました。
なお、一番上の写真が出来上がりなのですが、間違って37分も焼いてしまったので、少々干からびてしまってます^^;;;;

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

ポドリカ牛の放牧

2017.8.15

ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その2

「ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その1」の続きです。ぶどう畑ラチェルトーザさんのオリーブ畑には、端の方にぶどう畑もあります。大きな畑に思え…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

マテーラマップ(時々更新してます)

マテーラ地図

◇ グーグルマップに移動します

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る