去年(2014年)はイタリアではオリーブがとても不作でした

虫食いオリーブ

2014年のイタリアは天候不順が続き、農作物は大きな被害を受けたそうです。

オリーブも同様で、去年は大変な不作の年でした。

何十年もオリーブ農家をしているお年寄りが、これほどの不作と質の悪さ(酸度が高い)は今まで経験したことがないと言うほどです。

去年のイタリアのオリーブオイルの生産量は40-50%減少すると見積もられています。

マテーラの友人たちに話しを聞いても、オリーブオイルが手に入らず困ったと言っていました。

搾油所も搾るオリーブの実がないため、10月に稼働して、すぐに閉めてしまった所もあるそうです。

 

オリーブにとって打撃だったのは、天候不順だけではなく、オリーブの天敵である、オリーブミバエとティニョーラデルオリーヴォという蛾の大量発生でした。

オリーブの開花時期の気温が平均より高く、そして夏は気温が平均より低かったことと雨が続いたことがオリーブの実の不作の原因となり、オリーブミバエや、また場所によって発生したレッブラデルオリーヴォという病気は、品質の面でオリーブに悪い影響を与えたのではないかと考えられています。  

 

関連記事

オリーブ生産農家のご紹介

ポドリカ牛の放牧

2017.8.15

ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その2

「ラチェルトーザのオリーブ園訪問 その1」の続きです。ぶどう畑ラチェルトーザさんのオリーブ畑には、端の方にぶどう畑もあります。大きな畑に思え…

ルカニア Yahoo!Shopping店

ルカニアWebShop

マテーラマップ(時々更新してます)

マテーラ地図

◇ グーグルマップに移動します

tumblr

tumblr ルカニアblog
ページ上部へ戻る